鈴蘭公園・花みどり工房ワークショップ/神戸市

花みどり市民ネットワークの活動の一環で、市民が特定の苗圃で花や木の苗を育て、地元に持ち帰りまちを花みどりで飾るという取り組みを行うことになりました。

その第一弾として、神戸市北区の鈴蘭公園にある「神戸市立花と緑のまち推進センター」敷地内に苗圃(花みどり工房)をつくろうというワークショップです。

参加者は、花みどり市民ネットワークメンバー内で実際に苗の管理ができる人、また公園周辺でこの企画に興味がある人です。

◆◆鈴蘭公園・花みどり工房WSの特徴◆◆

鈴蘭公園には既存の公園管理会があり、また、「花と緑のまち推進センター」が併設されているなど、工房の運営を行いやすい、市民活動の拠点として適した素地があるといえます。

これが、今年度から活動を開始した「花みどり市民ネットワーク」という花とみどりのまちづくり活動の盛り上がりとリンクして、今回の企画となったわけです。

さらに、花みどり工房の企画はワークショップに先立って、平成13年度に国土交通省「緑のデザイン賞」において国土交通大臣賞を受賞しており、国からの1000万円の整備費を利用して整備を行えることとなり、工房の立ち上げにはずみがつきました。

これから、花みどりのまちづくりはますます活発化していくことが予想され、より気軽に好きな苗を育て、まちを美しくしていけるプロジェクトの先駆けとしても今回の企画は重要なものであると思われます。

●第1回 「どんな機能がいいかな?」
    H13年10月31日(水)

●第2回 「施設を決めましょう」
    H13年11月21日(水)

●第3回 「花みどり工房を始めよう」
    H14年1月29日(火)

●第4回 「花みどり工房の運営について考えよう」
    H14年4月15日(月)

●第5回 「オープニングイベント」
    H14年5月20日(月)

☆ワークショップのスケジュール

第1回 10月31日(水) どんな機能がいいかな?
第2回 11月21日(水) 施設を決めましょう
第3回 1月29日(火) 花みどり工房を始めよう
第4回 4月15日(月) 花みどり工房の運営について考えよう