第2回 南地区WS@ 「こんな新湊川公園がいいな」
2009/8/27 19:00〜21:00

南地区での1回目は、まず地区での公園計画地を確認しました。南地区では阪神高速道路や、真陽まちづくり構想などとの関係があるので最初にそれぞれの説明がありました。
その後、公園整備の基本コンセプトやエリアごとの使い方や必要な施設などを検討しました。

○○ ワークショップの流れ ○○

プログラム

  1. はじめに
    あいさつ/今日のプログラムの説明/前回のふりかえり
  2. 公園の計画地を確認しよう
    計画地についての説明(計画地の形状、幅員、阪神高速との関係など)
    /質疑応答と意見交換/公園全体の基本コンセプト案説明
  3. 公園のエリアごとの検討
    真陽まちづくり構想についての説明/エリアごとの検討/イメージ、使い方、必要な施設の検討/意見交換
  4. まとめ
    今日のまとめと次回の予定/閉会のあいさつ

北・南地区に分かれての1回目のワークショップです。あいさつと今日のプログラム説明の後、前回の全体ワークショップの内容のふりかえりをしました。

南地区の計画地について説明がありました。形状や幅員などが細長いことや、道路、阪神高速との関係など神戸市から説明がありました。

公園全体のコンセプト案を説明した後、参加者と質疑応答、意見交換を行いました。
道路との関係については、特に問題を感じている方が多いようです。

計画地に隣接する真陽地域でのまちづくり構想について、担当するコンサルタントから説明がありました。公園とは別に阪神高速道路の上部利用についての計画もあり、関係を検討する必要があります。

次に、南地区を3つのエリアにわけて、それぞれのイメージ、使い方、必要な施設などをポストイットに書いて貼ってもらいました。
ジョギングやウォーキングの出来る園路や遊びに使える広場などの意見がありました。

いろいろな意見が出ましたが、計画地の周辺との関係を考える意見がも多く、川で釣りがしたい、海までつなげたい、道路の横断を安全にしたいなどの意見も出ました。