新湊川公園ワークショップ/神戸市

新湊川公園は、現在、阪神高速道路の工事によって一部が占用されています。工事の終了に伴い、公園の復旧整備が予定されており、周辺地域の状況にあわせた公園計画のため、地域住民参加のワークショップ形式での検討が進められました。
公園の計画地が南北に長く広域にわたるので、周辺地域を北地区と南地区に分けて、それぞれ2回のワークショップと全体での2回のワークショップの計6回を開催しました。(進め方は下記のスケジュールのとおり)

「ワークショップ」では、子供からお年寄りまでの多くの方々に参加していただき、みんなで意見を出しあったりグループで作業をしたりして、楽しみながら計画をつくりあげていきます。

◆◆新湊川公園WSの特徴◆◆

新湊川公園は、神戸市長田区川西通〜駒栄町にかけて南北に広がる近隣公園(11700m2)です。
阪神高速道路や国道2号と接しているなど周辺状況の問題点がいくつかあります。
周辺地域の状況としては、公園に隣接する真陽地区でまちづくり構想の検討が進められているなど、地域の計画との関係も考える必要があります。

このワークショップでは、基本計画案のとりまとめを目標とし、その結果を実施設計へとつなげます。

●第1回 全体WS@ 「公園全体について考えよう」
    H21年8月1日(土)

●第2回 南地区WS@ 「こんな公園がいいな」
    H21年8月27日(木)

●第3回 北地区WS@ 「こんな公園がいいな」
    H21年9月3日(木)

●第4回 南地区WSA 「こんな公園にしよう」
    H21年9月17日(木)

●第5回 北地区WSA 「こんな公園にしよう」
    H21年10月1日(木)

●第6回 全体WSA 「新湊川公園はこんな公園になる」
    H21年11月7日(土)

☆ワークショップのスケジュール

ワークショップ回数
開催日
内容
全体WS@ 8月1日(土) 公園整備の概要、WSの進め方確認
・公園全体のイメージについて意見交換
南地区WS@ 8月27日(木) ・北地区、南地区に分かれての検討(1回目)
・計画地の確認(形状、規模など)
・どんな利用をするか、必要な公園施設と配置の検討
北地区WS@ 9月3日(木)
南地区WSA 9月17日(木) ・北地区、南地区に分かれての検討(2回目)
・前回の意見を受けた各地区計画素案の提示と説明
・計画案の検討と取りまとめ
北地区WSA 10月1日(木)
全体WSA 11月7日(土) ・各地区WSでの意見を受けた全体計画素案の提示と説明
・全体計画案の検討と取りまとめ
・公園の管理について意見交換
・今後の工事スケジュールと開園予定の確認