第3回ワークショップ 「最終計画案をみてみよう」
2011/1/13 19:00〜20:30

最終回となる第3回は、最終計画案の確認と多目的広場の利用ルールづくりについて話し合いました。

○○ ワークショップの流れ ○○

プログラム

  1. はじめに
    あいさつ/前回のふりかえり/ふりかえりの内容について意見交換
  2. 集いの広場の遊具について
    遊具の事例紹介/集いの広場の遊具を選ぼう
  3. 多目的広場の利用ルールについて
    利用のルールについて意見交換
  4. まとめ
    今日のまとめと次回の予定/閉会のあいさつ

ワークショップ最終回です。
あいさつの後、前回のワークショップの内容をふりえり、修正した計画案を確認しました。これもとに意見交換をし最終計画案をとりまとめました。

集いの広場に設置する遊具について、事例をもとに検討しました。子供が長期間使えるものがいいなどの理由から対象年齢6〜12歳向けの複合遊具を選びました。

阪神高速上部利用の「多目的広場」は、地域での管理と利用のルール作りが必要になります。現在、地域で管理している「真陽ゆめまち公園」の利用調整とルールにならって、多目的広場を管理していくことを話し合いました。

全3回のワークショップでの意見をもとに、新港川公園の計画案をとりまとめました。
公園が完成したあとの管理や周辺の問題については、引き続き地域での協議を進めていくことで今回のワークショップのまとめとしました。