第5回 「まちと公園の関係/集会所のプランを考えよう」
2001/10/21 10:00〜12:00

前回決定することのできなかった公園の基本ゾーニング案を公園検討部会にて整理し、ワークショップにて提示しました。おおまかには賛同を得ることができ、このゾーニング案を再度整理し、まちづくり提案とすることが決まりました。

さらに、まだ検討が足りない、まちと公園の接点となる公園中央部の通路や南側の13m通路付近の検討を行いました。

また、グループに分かれて集会所に必要な機能や部屋、その規模についても検討しました。

○○ ワークショップの流れ ○○

プログラム

  1. はじめに
    あいさつ/今日のプログラムの説明
  2. 前回のおさらい
    前回のまとめ/レベル活用についての基本的な考え方の整理
  3. まちと公園のつながりを考えよう
    集会所の場所/中央部分と13m道路側の工夫
  4. 集会所に必要な部屋・ものを考えよう
    集会所の部屋の広さは?/集会所の周辺は?/グループ案の発表
  5. まとめ
    わかったこと/次回への宿題

写真1

前回のおさらいからスタートです。おおまかなゾーニング案を整理しました。

写真2

道路検討部会からの公園周辺道路に関しての提案があり、公園と一体となった整備を検討していくことになりました。

写真3

まちと公園との接点である、中央通路と13m道路付近について案をだしてもらいました。

写真4

集会所のプランについてグループ討議を行いました。子供グループからは大きな和室や縁側が欲しいという意見がでました。

写真5

各グループとも灘地域福祉センターと同程度の大部屋がほしいといいう案でした。

写真6

最後にこれまでのワークショップについて公園検討部会の佐藤さんからあいさつがあり、ワークショップは一応の終了となりました。