舞子のまちづくり
舞子生活文化圏部会

1.舞子生活文化圏部会とは
 「区民まちづくり会議」はまちづくりの実践活動の企画・推進・検討や、区民活動の支援、市政への提言などを行う組織として、平成6年に誕生しました。
 垂水区では、6つの生活文化圏に分かれて活動し、舞子生活文化圏は、そのひとつです。


 「第4期垂水区民まちづくり会議」は平成12年7月にスタートしました。

 舞子生活文化圏では"健康・歩く"をテーマに、第3期に引き続き、まち歩きなどを行ってきました。これらの成果を"舞子ウォーキングマップ"としてまとめ、平成13年春に完成しました。

 「舞子ウォーキングマップ」は、婦人会の協力により、舞子地域の全世帯に配布されました。

 平成13年度は、現在、まちの魅力を詠み込んだ「舞子かるた」の製作にも取り組んでいます。

 今後もたくさんの舞子の魅力を地域に伝えながら、まちの課題を発見しみんなで解決していく、住民参加型のまちづくりに取り組んでいきます。

舞子生活文化圏部会・会長の古田さん

 















舞子生活文化圏部会・検討会は、舞子生活文化圏部会委員を中心に、地域の皆さんと神戸市、まちづくりのアドバイザーがいっしょになり、ワークショップ形式で検討を進めています。


2.舞子生活文化圏部会の活動経過
 舞子生活文化圏部会は、平成11年度からこれまでに17回の部会を中心に活動を行ってきました。
 毎回、約20名の方々が出席し、まち歩きをしたり、話し合いをして舞子のまちづくりについての検討を行ってきました。
舞子生活文化圏部会活動経過の詳細もご覧ください。