二葉公園ワークショップ/神戸市

二葉公園は、旧二葉小学校の建物を保存活用するプロジェクトに併せて旧校庭の大部分を街区公園として整備しようという計画です。
計画の基本レベルのプランをとりまとめることを目標として、地域住民を参加者としたワークショップを開催しました。

「ワークショップ」では、子供からお年寄りまでの多くの方々に参加していただき、みんなで意見を出しあったりグループで作業をしたりして、楽しみながら計画をつくりあげていきます。

◆◆二葉公園WSの特徴◆◆

二葉公園は、神戸市長田区二葉町にある旧二葉小学校の校庭を街区公園(2957m2)として、隣接する現二葉公園を廃止し、その他の緑地と併せて置きかえる計画です。
旧小学校校舎との関係や、校庭に残る樹木や現二葉公園の樹木の移植など、検討が必要なものがたくさんあります。
また現在、旧校庭では少年野球の練習が行われており、新たに公園となったときにどうするかの検討も必要です。

このワークショップでは基本計画をとりまとめ、その結果を設計へ反映させます。

●第1回 「こんな二葉公園がエエなぁ」
    H21年11月8日(日)

●第2回 「こんな二葉公園にしたい!」
    H21年12月6日(日)

●第3回 「こんな二葉公園でどう?」
    H22年1月30日(土)

●第4回 「こんな二葉公園にしよう」
    H22年2月27日(土)

☆ワークショップのスケジュール

第1回 11月8日(日) 計画地の現地確認(旧校舎との関係、樹木等)
・二葉公園の使い方、どんな公園にしたいか意見交換
第2回 12月6日(日)

・公園ってどんなもの?(パワーポイント)
・二葉公園で大切にしたいもの(旗上げアンケート)
・敷地の使い方や人の流れを検討
・必要なものと配置を検討

第3回 1月30日(土) ・前回の意見を受けた計画たたき台の提示と説明
・たたき台に対する質疑応答
・基本とする案の検討
第4回 2月27日(土) 計画素案の検討と案の確定
・公園の利活用についての意見交換
・今後の整備スケジュールについて確認